頑張らないことに頑張ってしまう

こんにちは。
連休は そんなになぜか 休めない。
↑   あえて 5・7・5 調 (笑)
 
祖母の作った「母の日に やっぱり母が忙しい」みたいな感じでございます。
 
患者さんの中にも、休みの日は休めばいいのに
仕事してしまうとか
片づけを頑張ってしまうとか
秋は行事が多いのでとか
そういう理由でまた疲れてしまう方が多いようです。
でもまぁ一年中 いつも何らかの理由で 頑張ってしまうから
いつも疲れているわけです。
日本人気質なのかもしれませんね。
頑張らないように頑張ってね と
なんか変な言い回しをしてしまって、苦笑いです。
(疲れることに疲れたら という書籍もありますが)
 
頑張る人はなりやすい「副腎疲労と低血糖」です。
なんとなく最近疲れて 胸のあたりが苦しいのです
手足が変な感じがします
という症状も ひとつのパニック、緊張状態だと思います。
くれぐれも チョコなどの甘い物、菓子パンなどでその不安を埋めてはいけません。
アルコールもそうです。
一時的な対応で快楽を得ていると
いつか取り返しがつかなくなりますから。
 
 
で、治療はどうするの?ということですが
やはり、気楽にすることです。
気楽にすることも頑張ってしまうとしても
何事も習慣ですので、いつか心底気楽になれるかもしれません。
寝ることです。
体を横たえること。
そして「理解者」を見つけることでしょう。
人には言いたくないこと誰にだって~1つくらいはあるんだ♪
( ↑ 心の師匠 FF様の歌にあるのですけれど)
誰かにお話してみるのはそんなに悪いことではないと思います。
ただし、相手を選びましょう。
 
 
そして 腸内環境をよくするために、善玉菌を取ること、
良いあぶらを摂ること、
蛋白質をとること、
野菜も良く洗って食べること、
ゆっくり食べること、
食べるために 口の中も環境もたいせつにすること
(噛みあわせを治すことも大切です)
姿勢を正しくすること
適度な運動を続けることです。
 
パニック、不安感、動悸とさようならをするために、
ぜひ食事とリラックスを!!!
 
頑張らないで 早寝しましょう。
 
ではまた。
 
 
 
 
 

コメント

  • コメント (4)

  • トラックバックは利用できません。

    • よしこ
    • 2014年 10月 15日

    理絵先生、こんにちは。
    頑張らないようにしよう!という事にまで頑張ってしまっていた自分がココにいました。
    完璧に健康である状態(理想)を求めて頑張り過ぎていたように思います。
    健康面でダメな部分がある今現在の自分も認めてあげられるように頑張ります。(あ、がんばってる・・・)

      • rie
      • 2014年 10月 16日

      >よしこさん
      あ、頑張ってる (笑)  
      頑張りますって 口癖になっちゃいますよね
      頑張っていなくても なんとかなるんだ~~~と思わないと
      ずっと繰り返してしまいますよね。
      でも人生何とかなる。
      というか
      何とかならなくても人生なんだなぁ・・・・・・・・・・・・・・・
      と思っています。
      というかなんともならないことの方が多い。
      完璧なことなんて人生にはないですから
      楽しみを見つけるように 頑張り・・・   あ。(笑)
      楽しみを見つけましょう。でいいのでした(笑)
      理絵

    • ReRe
    • 2014年 10月 16日

    はじめまして。
    ストレスを感じると、過食嘔吐してしまうこと。特に生理前の過食が止まりません。
    甘いモノ、炭水化物のオンパレードで一時的に気持が晴れたような感じになりますが、
    体調は悪化する一方です。全身打撲したような体中の痛みに、怠さ、やる気のなさ、
    気分の落ち込み。PMSは年齢を重ねるごとに酷くなり、特に今年は辛いです。(去年よりも) 頭が纏まらない感覚。時折、音に敏感になり過ぎで、苦手な声の人が傍にいるだけで、神経が逆なでされているように感じます。そして、ちょっとしたことで
    逆上してします。キレてしまうのです。
    ダイエット、リバウンドを繰り返していますが、30代後半になり体重はなかなか戻らず、
    この半年でまた10キロ近く増えました。
    兎に角体調が悪い。動くだけでも、歩くだけでも怠くて、へとへとになります。
    これではいけないと色々調べていくうちに、私の体調の悪さは「副腎疲労」の症状に
    当てはまっていることがわかりました。
    今月末、副腎疲労の治療ができる病院へ行く予定です。
    先生のブログを読みながら、糖質制限を始めました。
    3週間程実施して、生理前はやはり何度か過食嘔吐しました。(菓子パン、淡水化分の
    オンパレードでした)
    それでも、以前の回数よりはかなり激減しました。
    が、まだ体調は戻りません。とにかく体の痛みと、怠さ、眠気、疲れは取れなくて
    覇気がないです。
    元気になりたい。
    以前の体型を取り戻したい。
    だけど、焦らずに、自分と向き合って食事を改善していこうと思います。
    これからもブログ楽しみにしています。

      • rie
      • 2014年 10月 17日

      >ReRe様
      はじめましてこんにちは。
      コメントありがとうございます。
      副腎疲労、低血糖、栄養の欠損がありそうですね。
      糖質を摂るなら質のいいもので、食事の後の方にするといいですよ
      いきなりやめようと思っても
      低血糖後の糖質摂取による快楽は 脳がしつこく覚えているので
      難しいです。
      生理前は 特になりやすいのは女性ホルモンの不安定と
      副腎ホルモンの関係でしょう
      それに リラックス脳内伝達物質のセロトニン関与すると言われています。
      少しづつ、治っていけると思います。
      大丈夫です。
      さぞやつらかったでしょうし 今もつらいことでしょう。
      まずは 乳酸菌、たくさん摂ってくださいね!!
      腸内環境が、決め手だと思います。
      そして、もし過食しなくても平気そうな日があれば
      スーパーなどに行って 野菜をたくさん買ってみてください
      野菜ってけっこうおいしいいです。
      マヨネーズでもいいしドレッシングも質のいいもので!!!
      副腎疲労の治療ができるクリニックに行けるのはよかったですね。
      応援します。
      焦らずにでも一歩一歩 前に進めますように。
      理絵

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 更年期と美容

    2020.09.8

  2. お花

    2020.06.11

  3. 5/7

    2020.05.7

PAGE TOP