身体はつながっている

こんにちは。

なんとかの不養生、たまにやるのですが・・・

このところ、寝不足と、水分摂取不足と、目薬しなさすぎて
目に出血をしました。

ドライアイ、寒さ
2番目の姉が眼科なのですが

もともとドライアイになりやすいのに
目薬もしないで寝たり、
水分摂らないのは身体に悪い
アルコールは慢性脱水の原因 と

本当に自分はシロートのように 指導(説教?)されました。

患者さんにも 先生、どうしたんですか!

といわれるくらい 目が赤くて
写真載せようかと思いましたが
夢に出そうに怖い?ので一応やめておきます。

スタッフにも   先生、怖い といわれてます。

泣く泣くめがね生活です。

 

 

 

それはさておき、点滴や腸内環境対策、
総合ビタミンミネラルの投与、Mg(マグネシウム)や
カルニチン、CoQ10などの投与と
基本の食事の見直しで 良くなる方がいます。

もちろんうまくいかない、やり方を何か変えなきゃいけない方もいらっしゃいます。
それには、もっと深い原因が隠れていると言われています。

 

 

以前にも書いた気がしますが、
悪化していく多くの症例はこんな感じです。

疲れている、忙しくて基本まじめで手が抜けない
とにかく焦っています。
何かにストレスを与えられています。
焦りの後に、怒りが来る方もいるし
その後、なんともいえない絶望感や悲しみが襲う方もいます。

すると
ストレスがかかるので脳も自律神経もダメージを受ける
胃が壊れれば胃もたれや消化不良、便通の悪化を起こし
気管・気管支がやられると 咳が止まらない、息が苦しいと感じる
心臓に関与すれば 動悸や胸の圧迫感、胸の痛み
手汗や手の震え
ポジティブに考えられなくなっていき、不安感も襲う
食事で良いものをとろうなどという余裕も、食事をきちんと作る気力がなくなり
エネルギー不足なので 甘いものや精製されたものを欲しがります。
そういう食べ物は急激に血糖値をあげるので、一瞬幸せなのです。
スナック類やあぶらものもそうです。
エネルギーになるので 無意識に食べたいのです。
ものすごくお腹がすいたときは、本能でジャンクフードが欲しいようになっているのです。

でもそれを続けると、血糖値も不安定になりますし
脳細胞は質の良いあぶらを欲していますし
添加物や精製糖、ジャンクフードは胃腸にダメージを起こし
解毒する臓器・肝臓に過労を強います。
それらを解毒するために必要栄養素が消費されていくので
ますます疲れます。
便通の悪化は、栄養の吸収障害を起こします。

ストレスと自律神経、栄養素に関して
身体全般はつながっているのです。

良い食事をとりたくてもとる時間が無い、
良い食事だとしても、すごい早食いだったりストレスがてんこ盛りだったりすれば
消化も吸収も悪いのでもったいないのです。

 

もちろん収入や生活のことがあるので
誰にでも仕事を辞めろとはいえません


何もかも背負い込んで 焦って追い詰められていると
仕事の能率は落ちます
自分の今の状態を把握してきちんと休むことが副腎疲労やうつには必須です。

把握できないくらい追い詰められている方もいらっしゃるし、
自分でやめることができないくらいの性格だから、そんなことになっているのですが・・・

何度も申し上げるように、自分の身体と人生は自分のものであり
周囲にいる誰かにも影響します。

無理して悪化したらかえって大変なのですから、
これは休んだ方が、という場合は休んでみてはいかがでしょうか。

 

休んで良くなるケースの場合は

まず、身体を横にする時間が増える
それだけでも肉体・自律神経が休まるので
ホルモンバランスがとれ、消化吸収や循環が良くなります
すると栄養状態がよくなるので脳細胞にプラスになって
物事をポジティブに考えられるようになり
食欲も出て 良いものを食べたいと思い、食べたものの消化吸収がさらにアップし
これがまた全身によい栄養を与えます。

無理に何かをしようという焦りがなくなりますし
睡眠の質が上がるので、身体がさらに休まります。
便通も安定します。

副腎も機能が良くなり、血糖値の安定や炎症を抑えることになります。

不必要な怒りが減っていくので、それがまた自律神経の安定化につながる。

この経過の方で、一番選択して欲しいのが腸内環境を保つことです。

休むだけでも良い方向に行くこともありますが、
善玉菌、食物繊維の摂取、
精製糖は控えて亜鉛や必要なあぶらを摂る
そういうことがなおいっそう大切なことが多いです。

 

つい欲張ってしまいますが

つまり まずは 休みましょう。

長期間でなくても、毎日の中で少しずつ休みましょう。

 

ではまた。

 

 

 

 

コメント

  • コメント (6)

  • トラックバックは利用できません。

    • よん
    • 2016年 1月 28日

    昔、仕事を辞めようと思ったきっかけは「大根おろしがたべたいなぁ」でした(笑)。手に大根をおろす力がはいらなそうだし、手もおろしそうに疲れてました。

     身体が回復してきても、ポジティブにもならず、空っぽで、まとっているのは不安と恐怖です。けど、私は昔から空っぽだったかも、と。無理して「普通のふり」してたかも。なら普通の人は普通でいいし、空っぽが「私」なら、空っぽでもいいのかなと思う時もあります。そして、なぜか身体の回復と共に、よみがえる感情は、怠けたい欲や怒りばかり。空っぽか怒りが満ちるか。なんだか矛盾してる日々です。

      • rie
      • 2016年 1月 30日

      >よん様
      こんにちは。
      身体と気持ちが矛盾するときって辛いですよね

      普通のふりをしなくても良いと思います
      自分もいろいろ焦っていたとき なんでなんでといつも空回りしていて
      それがさらに辛かったです

      腸内環境や解毒
      食事はもちろん
      一番大切なのは どんな自分でも赦す・受け入れること と思います。

      ぜひしっかり睡眠もおとりになって
      身体と気持ちを休めてくださいね。

      理絵

      • 本間典子
      • 2016年 1月 31日

      先生のブログを読むと少し元気になれる気がします。ありがとうございます。

        • rie
        • 2016年 2月 08日

        >本間典子さま

        コメントありがとうございます。
        少しでも元気になってくださるだけで嬉しく感じます。
        もっと勉強して精進しますね。

        感染症が流行っておりますので、お身体ご自愛くださいませ。

        理絵

    • トマト
    • 2016年 2月 06日

    こんばんは
    いつもお世話になっております

    この前の子供の食事への先生のコメント返し、救われました
    子供が◯◯なのは私の栄養が足りなかったから・・・と、つい自分を責めて、子供にも厳しくして、落ち込んで の繰り返しです

    さらに、食の楽しみも感じて欲しいから、高タンパク質、低糖質で頑張って作る→疲れる→ストレス
    という流れです

    これから子供も、友達との付き合いの中で制限できなくなるし、やれることをできるだけ無理せずにやってあげればいいじゃない!と、考えをゆったりとしていきたいです

    真面目すぎるよ。と、よく周りの人が褒めてくれるのですが、同時に私の短所でもあります
    難しいですね 笑

    ちなみに、たまに先生がブログにも書けないとおっしゃってる、食べてしまう糖質食品て何ですか?
    ずっと気になってます 笑

      • rie
      • 2016年 2月 08日

      >トマトさま

      こんにちは。
      まじめすぎる それが国民性な気もしますが・・・
      短所と長所はうまく折り合いをつけるといいですよね

      いろいろ忙しいお母さんが追い込まれてしまうこと、とても心配です。
      人ごとではないし これから先 同じようにこの負のスパイラルにはまっていく女性が増えて行くのかと思うと
      本当に心配です。

      仕事・環境・夫婦問題・妊娠中のこと・食事をどうするか・その後のこと などを
      ある程度予測しておかないと こんなはずではなかった って思ってしまいますよね。

      しかし テキトーに手を抜く こともしないと
      ストレスでやられてしまいます。

      私もまだまだテキトーにするのが下手だなーと思いますが
      でも習慣は変えられると思って地道に頑張ります。

      え、私の食べてしまう糖質ですか~

      宇都宮駅ビルに入っている 全国チェーンの某有名な、野菜とか選べるオーダー的な感じのパン系のもの

      同じく駅ビルの ファストフードのようで、でも時間をかけて作ってくれて食材にこだわっているバーガー系

        ↑  
      宇都宮駅を知らない人でも なんとなくわかります?

      これも こういう「脳の習慣」だなーと思うのですが
      あまり外出もしないので、たまに駅に用があっていくと「たまにはいいか・・・」と
      フラフラーと吸い込まれるようにメニューをみてしまうのです。

      自分は、まだまだ腸の問題がしつこいし 食べ物へのストレスと欲望が強いと思います。
      ダメダメと思うともっと欲しくなります
      特に小麦や乳製品、糖質は。
      でも食べ続けるとやはりよくないです。

      もっと考え方をラクにしたいな~と思います。

      それ以外のジャンクフード・・・電車に乗ると食べたくなるのは
      電車=遠足気分が抜けないお子様だからなのでしょうか。

      ※私の仕事と立場を思いっきり忘れたコメントですが たまには許してくださいませ~

      理絵

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 更年期と美容

    2020.09.8

  2. お花

    2020.06.11

  3. 5/7

    2020.05.7

PAGE TOP