気のせい

こんにちは。
人のトラウマと食欲と栄養について
日々頭がいっぱいです。

どうして、幼少期の辛くせつない記憶が
大人になってからの食欲を乱すのか。

それを、そのトラウマを消せるような脳や身体のの状態を目指す栄養の摂取、
身体を邪魔するいやなこと、
ストレス、重金属や人にとって余計な物質を排除すること、
それがオーソモレキュラーのポイントです。

私は、多くの先輩の先生方から教えていただいたことを
私は皆さんに伝書鳩しているだけなのですが
それが少しでも皆さんの人生にとってプラスになれば、と願っています。

 

当院での今までの過去の症例も
数がたまれば、積み重ねが将来の医療に役に立つかなぁ・・・
などと 生意気にも大きな夢を描いておりますが
まだまだ力も能力も及ばなくて申し訳ないのですが。

 

身体がだるいし、朝起きられない、調子が悪い ということを

気のせい気のせい と言われる人は後を絶ちません。

「気」を作るものは食事などの栄養と生活習慣、睡眠、運動、
様々なものがあると考えます。

そして、癒やしてくれるものの存在は大切です。
癒やしてくれる人、ペット、
音楽、景色、香り、本、映像、料理、入浴、睡眠、
運動、ヨガ、アロママッサージなどなど。

 

良い食材を食べても、ストレスが多すぎたら負けます。
ストレスや緊張を伴って食事をしていたら
自律神経が不調になって胃腸の動きを悪くします。

胃腸は自律神経支配ですから。

腸内細菌叢のバランスが崩れると、また栄養状態が悪化します。

必須栄養素をとることとリラックスすることは
並行して考えないとならないと思います。

善玉菌、食物繊維、ビタミンなどの摂取をしているからと
無理を続けていたら、それらの栄養のロスになりますし
ストレスの方が上回って体調を壊しかねません。

わざとの怠け者 って そんなに周囲にいませんし
過去にも出会ったことは少ないので

怠け者に見える方や、やる気がなさそうに見える方も
栄養状態が良くないのかもしれませんし
いろいろ乗り越えられない何かがあるのかもしれません。

ただ甘やかせと言うことではないです、
なんらかの理由があるのではないかと話を聞いて理解して欲しいと願います。

気合いが入らない理由と、生活習慣は関係があることがほとんどです。

何を食べたか、いつ寝ているか、性格がまじめすぎるのか・・・など。

 

そもそも気合いを入れるときに、皆さんはどうしていらっしゃいますか。

精のつきそうなもので、消化に良いものを食べ、
心にゆとりを作り
早く寝よう

が伝統ではないでしょうか。

試験前、何かの大会前、お出かけ前などに無意識にされていることと思います。
健康と疾患は毎日のこういう積み重ねが深くつながっていること、
無理が利くからと延々に無理していたら、身も心も壊すことに注意して欲しいと思います。

 

 

 

 

 

患者さんに、すごく嬉しいことをおっしゃっていただきました。

「(理絵先生の)この診察室、パワースポットみたいで癒やされます」と。

いや~そんな ってかなり照れてしまいましたが

人が褒めてくださったときは素直に ありがとうございますと受け入れようと努めています。

それが相手との、言葉と気持ちのバトンですしね。

日本人の謙虚さとの兼ね合いに気をつけながら。

 

それではまた。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 更年期と美容

    2020.09.8

  2. お花

    2020.06.11

  3. 5/7

    2020.05.7

PAGE TOP