くじけそうなとき・・・

こんにちは。
今日患者さんに「先生は朝にパンやご飯を食べないのですか?」
と聞かれました。
食べません。別に最近急にそうしているわけでなく
割とむかしから。
パンだっておにぎりだって好きですよ。
でも、知ってしまってから(栄養療法を)
毎日食べることはないです
どこかで出されて 調子が良ければ食べますし
誘惑に負けることがあってもたまに です。
でも くじけて 結局 あとで辛いのも自分か。
と思うと だんだん 無駄なことはやめよう と思います。
 
特に朝に糖質過剰にいくと わたしは仕事の能率にもかかわるし
正直本当に太りやすいので 気を付けています
 
 
 
ストイックに頑張れる人とそうではない人
いろいろ環境もあるでしょう
でも おかしい こんなはずでは・・・と
思うこともありますよね。
栄養を完璧にすることだけが人生でなく
生活の中で 周囲との問題 男女の問題 家庭・学校・職場の問題
親子・友人・夫婦 隣人・・・・・・・・・・・・・・・・
いろいろ重なる環境で 私たちは生きています。
 
そのなかのひとつ「栄養欠損」を補うことでも 随分違いますよ
ということではありますが ストレスフルでもOkなのではないのです。
当たり前なのですが忙しすぎたり ほんとうの気持ちが病む原因を
自分でも気がつかないでいると
オーソモレキュラーであろうと 西洋治療 アロマ 整体
どんな治療をしても  なんか いまいち。むしろ悪化?ということになります。
 
人生は山あり谷ありですが 誰か話を聞いてくれる人をみつけて
せめて1日1回 笑えるくらいの・・・ 人生を送りたいですね。
 
栄養療法を始めて 個人差はありますが
統計すると3か月 前後(の患者さんが多い)、
結構 体調がすぐれず くじけることがあります。
サプリをのみこめない そもそも食事作りたくない
サプリを飲むと 悪化するような気がする など。。。
もちろんアレルギーのことなどもあるので
絶対そんなことはないとは言いませんが
長年かけて バランスを崩したものを 補正しようとするとき
思うようにならないことが 人にはいろいろあります。
でも どういう治療を選ぶかは それも個人差がありますが
身体にいいことわるいこと は なんの書籍・ネット・医学資料
癒し系の本・映画・TV  何をみてもそうは大差がないですよね
 
わたしたち オーソモレキュラー医療ができることは
必要なものは入れる
勘違いされていることの事実を伝える
何が悪いのか知識を持つこと
と思います。
しつこいようですが
低血糖になったら甘いもの っていうのはダメなんです
だめなのにちっとも 広まらないだけ。
トランス脂肪酸だって だめなんですよ。
低コレステロールも。
そういうことの 情報がもっともっと必要なのかもしれません。
 
 
また長くなりましたが
くじけないで やっていきましょう。
人生いちどきりですものね。
 
ではまた。
 

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 更年期と美容

    2020.09.8

  2. お花

    2020.06.11

  3. 5/7

    2020.05.7

PAGE TOP