お受験

こんにちは。
一週間は早いですね
先日 都内のお受験事情の相談を受けました。
学校終わってすぐ 塾へ行く
そして21-22時くらいまで 何も食べられない
終わった後家に帰るまで 空腹感が耐えられず
ハンバーガーや ポテト、おにぎりなどを
むさぼるように食べてしまう。
そんな生活を繰り返しているあるお子さんが
勉強中 特に塾に行く夕方以降に
鉛筆を へし折りたいくらいの いらつ」がわいてくる
 
とのことでした。
 
うーん・・・
わたし、勉強するのは 否定しません
勉強は どんなことでも 無駄にはなりませんから。
ただ、大人だって低血糖はきついのに
若いお子さんたち 成長期に
そのスタイルは きついことでしょう
しかも終わった後の糖質三昧。
悪循環では・・・
 
 
「ご飯を食べると眠くなるから 食べないで勉強」というイメージなのでしょうか?
 
むしろ 能率のために 夕方に 糖質制限の補食は
蛋白質・脂質などでされたほうが
よろしいと思います。
 
空腹時に 一気に血糖をあげるような食べ物は・・・
たとえば夜食や補食に うどんだけ おにぎりだけ チョコだけ
などの生活を繰り返すと 現代人では高率に 「低血糖」を起こすので
食べたあと何時間かすると
「抑えようもない眠気」に襲われる方もいるし
「モーレツに いらつく」という方もいらっしゃいます。
受験を控える時期になりますので
お気を付け下さい。
そして風邪をひかないために
蛋白質や 亜鉛、ビタミンCやB、A、D、E
亜鉛や鉄・・・も必要ですし
勉強の効率もためにも それらや EPAやDHAなど
さまざまな栄養が大切です
せめて 低血糖を起こさないように・・・
補食できるといいですね。
でも働く方々が それが難しいように
お子さんたちも 難しいのでしょうか。
無理しないで 頑張ってほしいです。
ではまた。
 

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 更年期と美容

    2020.09.8

  2. お花

    2020.06.11

  3. 5/7

    2020.05.7

PAGE TOP