糖尿病

こんにちは。
 
 
いきなりですが
低血糖とセットであるもの
それは糖尿病です。
低血糖症の原理はは 糖質を過剰に摂取し
運動もせずにいると 高血糖になり 高インスリン(血糖を下げる)放出となり
結果的に低血糖になる というものです。
ここで食後の過血糖 がポイントですので
中には例外がありますが、多くの場合食後の高血糖(過血糖ともいいます)があるので
低血糖の陰に高血糖あり。なのです。
糖質過剰、運動不足の生活をしていると
常に高血糖の状態が続き、だんだん血糖を下げるインスリンの働きが悪くなり
血糖が下がらなくなり、常に高血糖=糖尿病へとすすんでいきます。
(先天的にインスリンが働かない疾患もありますが)
糖尿病はやっかいな疾患です。
気がつくと血管がボロボロ、神経侵され、
手足がしびれたり、腎臓や目の障害をおこしたりします。
心臓や脳の血管に障害を起こし
突然命を奪われることもあるのです。
 
医療関係にいますと
心筋梗塞や脳梗塞などの恐ろしい疾患
時には「突然死」となる疾患のベースに
かなりの確率 で糖尿病もちだった、というのは
珍しいことではありません。
 
逆に救急でいらした場合に まず既往として問診で
「糖尿、血圧、心疾患」を聞きます。
(意識がなくて聞けない場合も多々ございますが)
 
ですので「糖尿病」があると 「突然危険なことになることもありますよ」
と、結構シビアに患者さんまたはご家族に、
まるで脅しているみたいな場合もあります。
でも正直ご本人は痛くもかゆくもないので
危機感がない方が多いです。
「ついお菓子や主食 たくさん食べちゃうんです~~~」って。
なかには「お団子」や「おせんべい」は食事とカウントしない方もいらして
「私は今朝は食事していません!」と言い張るけど
すごい高血糖値なのでききだすと
よく聞きだすと 朝あんこのお団子4本食べてた・・・とか。
 
 
先日 栄養療法を受けている患者さんの知り合いで
まだ50歳くらい、普段何も具合悪そうでなく
元気な人が突然亡くなったと・・・
はぁ、糖尿病だけがあったらしいんですよ~
糖尿病って突然死ぬイメージがなかったので・・・
と伺いました。
糖尿病だけ。。。糖尿病があるだけで立派に 疾患 です。。
糖尿病があると さらに、いろいろな疾患につながるのですよ
とお話しましたが。
 
そうですよね なんか 死に直結する感じが
あまりないかもしれません。
もちろん全例が死に直結するわけではありませんが
ぜひきちんと検査をうけて、自己管理してください。
栄養学的にも
糖尿病の場合は ビタミンやミネラルが通常の方より
かなり多く損失しますので
広範囲に摂取することが必要になります。
 
 
高血糖でも 低血糖でも
きちんと食事を見直し、「糖質制限」をおこない、
適度に運動をし、
蛋白質・適度な脂肪・ビタミンミネラルを摂取しましょう。
 
ではまた。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 更年期と美容

    2020.09.8

  2. お花

    2020.06.11

  3. 5/7

    2020.05.7

PAGE TOP